人口の減少や高齢化により、日本では空き家の数が増え続けていますが、空き家には色々な種類があり、なかでも放置された状態の空き家が問題となっている様です。

平成30年10月1日、日本の総住宅数は6242万戸と、平成25年と比べ179万戸の増加となっています。
総住宅数の推移をみると、これまで一貫して増加が続いており昭和63年から平成 30 年までの 30 年 間 で 2041 万戸(48.6%)増加しています。一方で、増加率は平成15年以降、縮小が続いており平成30年は3.0%の増加となっています。また、総住宅数の内訳を居住世帯の有無別にみると、「居住世帯のある住宅」は5366万戸(86.0%)、空き家・建築中の住宅などの「居住世帯のない住宅」は876万戸(14.0%)となっています。

※平成30年 総務省における統計です。

空き家の目的は様々あると思います。いずれ取り壊しを予定にしている、賃貸として貸す予定にしている、将来的にご自身が住む予定にしている、など今後の目的に合った空き家の管理をサポートさせていただきます。

簡単な外観からの「目視点検」「ポストのチェック・掃除」や室内での「換気」「通水」「簡易清掃」から、「雨漏り点検」「雑草や庭の掃除」などご希望に添った管理サポートを受け賜わっております。

ご近所様のご挨拶やポスティングも含めて、トラブルなどの確認もさせていただいておりますので、お気軽にご相談下さい。

500円~ / 月    京都・大阪で巡回を行っています。

総住宅数空家数空き家率
京都1,337,000 戸172,000 戸12.3%
大阪4,679,000 戸709,000 戸14.9%
※平成30年 総務省調べ


お問い合わせ

0120-937-034

定 休 日 / 不定休 (年末年始除く)

受付時間/ 9:00 ~ 18:00

インターネット・メール 24時間受付